上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです!

去年12月に一度稼働して以来、初打ちすら行けてない状況です。

特にネタもないので仕事関係のことでも書いてみようと思います。

【営業スピード】
ブログで触れてたか分かりませんが、去年夏~冬まで単身出張中でした。出張いくまではどちらかというと僕は事なかれ主義の人間で、出来るだけ現状維持、今の空気を変えずに慎ましく仕事をやるニンゲンでした。というよりも職場がそういう空気だったのでそれに適応したというのが正解かもしれません。

ですが、出張先の組織が全くの正反対。
とにかく発言しよう!何かやりたいと思ったらすぐ行動しよう!営業はスピード命!みたいな感じだったわけで、同じ会社内でもここまで組織は違うのかと驚きました。

例えばAという企画をしようと考えます。前の組織のときはこのAという企画をやった場合の予測成果、デメリット等を直属の上司と話し合い、その後トップの上司に承認してもらってから動いてました。しかし出張先の組織では、Aという企画を考えたら、まずは無承認のまま動き出してオッケー。動き出してから事後報告で上司に相談しながら軌道修正が必要であれば随時かけていくスタイルです。なにせ組織のトップが「事前報告はいらない。僕への報告は事後報告、進捗状況だけでいい。」と言うくらいなので。

これにより、メリットは主に3点。
【1】承認までの時間的ロスがなく、営業のスピードが全く違う。
また、たいてい仕事は幾つかが同時進行しているので、ブッキングしてそのスピードを停止させないために先々のスケジュールを細かく考えることを学ばさせて頂きました。

【2】企画が増える
企画前の話し合いの中で色々考えた結果やっぱりやらないことにしよう。ということがないのでとにかく増えます。

【3】部下が育つ
トップから言われるのは悪くても軌道修正までで、基本的には「君にしか出来ないんだから思いっきりやれ」とプラスの言葉ばっかりなんで、そりゃ頑張りますわな。


ただ、この仕組みって、よくよく考えるとその組織のトップが末端社員までしっかり管理し続けないと企画進めている本人が独りよがりになりかねず、かなりのマネジメント能力問われるんですね。

実際、トップ上司や直属上司からは頻繁に「この前のアレどこまで進んだ?」と毎日のように聞かれ、毎日プレッシャーの日々だったのを思い出します。だって昨日進捗状況聞かれて「今C地点です」と答えて次の日も「今C地点です。」とは答えられません。それこそ秒速で営業スピードやってないと進みません。

そんなわけでスピード組織への出張が終わり、元の現状維持マンセー職場に戻ると、あららトップの責任者が変わってるではありませんか!

新しいトップ「考えたことは則実行、どんどん進めてくれ!」

まだまだ歩みを止める日は来ないようです。


スロより最近は仕事が楽しい、30歳ちゅーかんかんりしょくです。

いや、てもスロは打ちたいな!(笑)
スポンサーサイト
01.26 (Tue) 14:54 [ 戯言 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://festival.blog16.fc2.com/tb.php/621-4ccdd37c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。