上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぁやってきました、バイオハザード6




全てはこれのために、、

8人の諭吉を財布に準備して臨みました。
なにせ設定狙いじゃないので・・・。
本当にただの趣味打ちで1日打ち切る予定だったので。
↑ただのアホ

狙うは新台入替2日目のホール。
稼働もよく、等価じゃなく、おまけに新台も初日から回収に一気に走るホールではないことが過去の実績から証明されているホールです。少しでも設定1へのリスクを軽減した華麗な(?)ホール選び!!
もちろん開店1時間前に並ぶという周到ぶり。(それでも10番目くらいでしたが。)

「俺は早くバイオうちてぇんだよっ!!」

店に並んでいる間、何度もココロの声で叫び続けました。


そしていざ開店!!



バイオとる!


ぶん回す!!



初当たりは608ゲーム目に謎当たり!!


前日終わりゲーム数が395ゲーム!!


つまりは据え置き天井だ!!



開店1時間で据え置き確定オワタ/(^o^)\



前日のスランプグラフを見ると、マイナス1000枚くらい。
グラフ的には小刻みな初当たりを重ねてはいるが、ART初当たり確率が設定12数値。
ものすごいプラス思考でみても設定4、限りなく設定12に近いなにか。


もちろん続行です!!


その後、当たらないチャンスゾーンを回す苦しみ。


ART当たっても200枚以下がデフォ。


やっと少し事故って1400枚出ても、


気づけば追加投資。



そんなこんなで諭吉の追加招集、

1人目

2、


3、


4、


5人目。



投資がようやく止まったのが夕方5時ころ(ぁ

ART中に中段チェリーをひき、+400上乗せ!!

そこからシューティングバーストで140くらい乗せて、2500枚獲得!




結局、、1万ゲーム近く回し、、、



43k投資 5580枚獲得



・・・。



うおおおおお(勝利の雄叫び

以下、データ。

【バイオハザード6】
608 ART 契機謎 /177枚獲得
538 ビック
  0 ART /613枚
 45 ART 強チェ直撃/1400枚
545 ART CZ /117枚
  1 ART 1G目レア役 /204枚
397 ビック
495 ビック
  0 ART /348枚
 25 ART CZ/706枚(枚数引継ぎ)
 32 ART CZ/836枚(枚数引継ぎ)
395 ビック
125 ビック
  0 ART /255枚
928 ART CZ/123枚
 69 ビック
351 ART CZ/117枚
259 ART CZ/237枚
187 ART CZ/2546枚
    (ART中にビック3発含む)
152 ART CZ/135枚
204 ART CZ/3489枚
    (ART中にビック3発含む)
100 ART 天国/72枚
127 やめ

通常時:5573G
トータル回転数:約10000G
ART初当たり:16回(1/348)
ビック回数:12回(1/833)

43K投資 5580枚



■設定差のありそうなところ

①弱レア役でのモードアップ・CZ当選率
前作もなかなかモード上がりませんでしたが、前作以上に今作は通常時のモードアップ率が上がりにくくなってます。弱レア役でモードアップ・CZ当選するようなら期待出来るかも。

②ART中のステージごとの低確・高確
ART中のステージが前作同様のシステムならば、低設定ほどステージ2と3の低確状態比率が高く、なかなかステージ4まで行けない気がします。ステージ1は今回の低設定台でも4,5回に1回は50G以下のステージ天井が選ばれたのですが、ステージ2と3に関しては毎回300G天井でした。ちなみにステージ4が恐らく前作のステージ3同様、高確チャンスステージっぽい?→もしかしたら偶数・奇数でなんかあるかもですね。

③天国移行率
今回1日打ち切って天国っぽいところで当たったのは、プレ天井中の強チェ直撃も含めれば2回。
低設定でも1日打てば2,3回は天国行くということでしょう。逆に天国ループは0回なんで前作同様、天国移行率、天国ループ率に驚異的な設定差があると思われ。

④ベル3連時でのCZ当選率
今回ベル3連が計13回ありましたが一度もCZ当選せず。
1回でもベル3連からCZ当選したらかなり期待度は上がるのではないでしょうか。


■前作と比べ良かった部分
①コイン持ち
千円40Gくらい。ただ、その分いろいろと重い。レア小役、CZ、当たり・・

②ボーナス搭載
これすごくいいね!バイオ5の作業感ARTがかなり軽減されました。

③上乗せ1ゲームあたりの価値
前作と比べ、色々と上乗せ契機あるせいか100Gくらいの上乗せでも割と頑張れる。

④ジュラボフリーズのタイミング
あの前触れもなく突然第一停止でフリーズするのは素晴らしい、憎い演出

■前作から悪くなった部分
①色々と重い
状態上がるまでが遠く、やっと当選したCZもなかなか当たらんし、ART入ってもレア役重いし・・・。CZも連続性がないのでCZ抜けて低確状態に落ちてからまた頑張ろうという気がなかなかおきない。

②ステージでのエピボが完全にゲーム数消化待ち
前作だとART中にスイカ引けば割りとエピボ当選したと思うけど、こいつの場合は完全に各ステージの天井300G待ちな感が強い。まあエピソードいくだけでも、その間にリプレイ培養ポイント貯めれるし、上乗せ特化2種類引ける可能性もあるしで、エピボ自体の価値が前作より高いせいもあるんだろうけど。

③小役窓を埋めるのが困難
一度だけ自力で小役履歴2個いけたけど、レア役重いせいでバイオの専売特許である「レア役を短時間に引いたときの期待感」というものは今作かなり薄められている気がします。おまけにART中は押し順ばかり出るからレア役引いた次ゲームに押し順が普通に出てきて期待感を絶望に落とされる(笑 ART中レア役後の押し順なしの”アノ瞬間”はもう無理ですね。

④演出がはっきりしている
これは悪いほうかな。良くも悪くも通常時の演出は分かりやすい気がします。


とりあえず、今年出たスロット機の中ではダントツまではいかないけど、1番の出来ではないでしょうか。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://festival.blog16.fc2.com/tb.php/616-3fdf9efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。