7月入ってからは記事にあげた1回しか稼働しておりません、最近。

そんなわけで先月特に記事にもしてなかったんですが、実は4,5回モーレツパイレーツというパチンコの新台を打ち倒していたんですが、こいつが、そこそこ楽しいのです!!



一応、この機種の目玉はガチクルーンと呼ばれるもので、大当たりが確定してからカイジの沼みたいなクルーンに玉を入れて、入った穴によってラウンド数が決定するのですが、まぁこれはトキオのように玉の動きで一喜一憂出来るものではなく、案外アッサリと穴に入ってしまう(恐らく不正防止のため)のでそこまで楽しくありませんwww

個人的にこの機種の凄いと思うところは3つ!!


①100%玉こぼしが発生する右打ち
今まで北斗のゼロアタッカーのように玉こぼし無しの機種はあったと思うけど、逆の発想でどんなに釘がプラス調整だろうが右打ち中の電サポから100%玉がこぼれるような設計になっています!!(ガチクルーンルートのせいで)

これだけ聞くと「最悪の台じゃねえかwww!!」とみんな思うんですが、逆です逆!
100%玉こぼしが発生し、さらに電サポ2個返しというシステムのおかげでどんなボッタ店でもいまのところ右打ち中に電サポが途切れるようなストレスを感じる台に出会ったことがありません。ようは今までの機種は右打ち中の確変ベースを削ろうとすると必ず電サポが途切れる調整だったんですが、この台の場合元々のゲージが確変ベース低めになるように設計されているためお店側がそこまで酷い調整をしなくても目標の確変ベースに調整出来るわけなんですね!


②演出がアッサリしている
最近の機種は擬似3とか先読みとか、とにかく長ったらしい演出やリーチばかりですがこの機種は案外アッサリしています。最終リーチまでのステップも短く、当たるか外れるか大体分かるリーチばっかりなので変な落胆とかせずに打てます。割とサミーに近いかもしれません、最後に赤カットインくるかどうか的なもので。

おまけに保留3,4の消化スピードもそれなりに早く、僕のようにぶんまわしたい方にはかなり印象良いのではないでしょうか。ステージのゲージが良いので多少全体の釘調整が悪くてもステージ癖良ければスタート稼げるのも演出と合わせ良い点です。


③変則打ちマンセー
大当たり中、カウント限界まで玉が入ってからアタッカーが締まるまで、、、、ものすごく遅いですwww
大当たり中は捻り打ちしている人とそうでない人で相当な差がつくことが容易に想像出来るくらいカウントストップしてからアタッカーがしまるまでが遅い!!捻り打ち上等です!!

さらに確変中はセグを見ながらのインターバル打ちが可能。
先にも書いたのですが100%玉こぼしが発生し、さらに2個返しなことで右の釘調整がそこまで削られていないことが多く、インターバル打ちが本当に活躍しますwww


色々書いたのですが、これらをまとめると、、、

通常時は演出がアッサリしていて、さらに保留の消化スピードもそれなりに早く、ぶん回せる。ステージ入賞口からステージにかけてのゲージが甘く、そこさえ殺されてなければ基本的にそこそこ回る。

盤面右のゲージが元々酷いおかげで右打ちの釘調整がそこまで悪くないことが多い。ゆえに確変中のインターバル打ちが可能、というよりもこれをしないと勝負にならない。

大当り消化中のアタッカーの締りが遅いため積極的に捻り打ちを展開できる!



ようは、、、

パチンコは玉の動きで一喜一憂したい!
パチンコは変則打ちしてナンボ!!
海物語のようにとにかく回転数稼ぎたい!!

という、、僕のような人にピッタリなわけです。



そんなわけで、稼働報告とはずれてしまいましたが、、、


モーレツパイレーツおすすめです!
スポンサーサイト
07.10 (Thu) 19:38 [ 戯言 ] CM0. TB0. TOP▲