上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”また終わったかw”
”また始まったかw”

去年の9月から数えること、早くも4回目。
またもや、ハンターハンター全巻読破しました。

とんぼぅです。

10話限定再開とか・・・。
この作者、どうにかしないとww




今回は、北斗の稼動報告まとめです。

将の実践データがなかったので、闘のみになります。

稼働報告の前に、まずは簡単にスペックのおさらい。






=====
<北斗の拳 闘>
■機械割
設定1:98%
設定2:100%
設定3:102%
設定4:105%
設定5:107%
設定6:109%

■設定推測要素
<ボーナス合算>
設定1:1/270
設定2:1/259
設定3:1/250
設定4:1/238
設定5:1/229
設定6:1/218

<ベル確率>
設定1:1/11.99
設定2:1/11.79
設定3:1/11.58
設定4:1/11.49
設定5:1/11.28
設定6:1/11.08

<注意>
闘での設定差は、ほぼボーナス確率のみ。
前作と違い、RT継続率関連で高設定が大きく優遇されるようなことはほとんどない。

=====


5号機の北斗っていうと、マッタリしたゲーム性を思い出す方が多いんですが、今回の闘は全く前作と違う機種になってます。

特に大きな違いは、RT継続率関連

①昇格がほとんど期待できない
前作ではボーナスを連打するとすぐに80%以上になったけど、今回のホクトはRT中ボーナスによる継続率の昇格はほぼ期待できない仕様になってます(8%前後の確率で昇格アリw)。つまり最初にひいたボーナスの継続率が一貫して維持される場合が多いです。

②RT継続率に設定差はほぼない
前作では高設定ほど高継続率になったけど、闘では継続率関連は偶数と奇数で若干の設定差がある程度で、ほとんどが己のヒキですw

③90%以上の壁
RT継続率90%と95%は1日打って1回移行するかどうかの極悪確率です。高確M(モード)でボーナスをひかないとまず移行しません。高確M滞在時のBIGの10%、REGの33%で95%に移行します。通常M以下ではほとんど移行しません。


現状維持のRTが90%あるいは95%でループすると、一撃で1000枚クラスはラクに出てしまうため、RT90%以上になかなか移行しないのが闘の特徴です。
したがって、出玉の波は2027に似た感じになると思います。普段は低継続率しか選択しないので、ダラダラとした波を作り、たまに高継続の一撃1000枚以上を叩き出す感じになります。

というわけで、前作ホクトが一撃性のない終始ダラダラした機種だったと表現するならば、今回の闘は全く違う機種になります。最近流行りの”一撃系頼み5号機”になりますね(消化にエラい時間がかかるけど;)。


そんなわけで実践開始。
朝一稼動以外では、いずれも合算確率1/220以上の台で実践開始しました。


■1回目 【闘】
2480G ビック6 バケ4
ベル:1/11.27

-15k
北斗新装2日目。
夕方から合算1/200程度の台をチョイス。
過去の新装状況からみても、おそらく低設定ではないと・・・思う。この日の最高RT継続数は6ww


■2回目【闘】
2700G ビック6 バケ3
ベル:1/11.16

-13k
新装後、初の北斗イベントに昼過ぎから参戦。
隣の台がRT99で一撃5800枚出している中、自分のこの日の最高RT継続数は4www



■3回目【闘】
4848回転 ビック17 バケ3
ベル:1/12.4

+36k

久しぶりの朝一稼動。
抽選番号がよかったので、特に打つ台のなかった自分は朝から設定56確定の北斗へ。
な、なんと!
開始5分で北斗ビックをひき、そのRTが75連荘して一撃2600枚!!(消化に3時間ほどw)
しかし、出玉の勢いで見て見ぬふりをしていたベル確率が一向によくならない。結局、4000以上回してベル確率が設定1を大きく下回っていることと、ほかの56確定の台もそこまでよくないので、やめ。最終的にこの台は合算が設定1以下まで落ちていたので、たぶん設定56というのはガセで間違いないと思うwww




高設定はポンポンとボーナスをひけるので、90%以上を一度も選択しなくても、現状維持くらいにはなりそうなイメージ。だけど、低設定は90%、95%の一撃頼みです。逆からいうと高設定がツボにはまったときの爆発力はすごいと思います。お隣さんのホクトは結局7000枚近く出ていたことからも、RT95%と設定6がシンクロしたときの爆発力は・・・。所詮は95%なので、2027の赤7のように単発で終わることはありそうですがチャンスタイムでの救済処置などを考えると、実質継続率はもうちょい高そうです。


しかし、設定推測要素が少なく、RT消化に時間がかかるため、立ち回りにはいれずらい機種になると思います。朝から狙うには設定推測要素が足りないし、かといって吉宗のように夕方から合算確率のよい台に座れたとしても、RT消化の関係で2時間くらい前にはやめ時を探さないといけないので、稼動時間および期待収支は低くならざるをえない。

せめて将くらいの割、あるいは将以上の設定推測要素は欲しかった・・というのが僕の本音です。さらにいうとRTを現状維持にパワーアップした分のシワ寄せのバランスをもうちょっと上手くできなかったものかと思ってしまいます。こんなお粗末な仕様では、すぐに客飛んでもおかしくないww



ってか、チャンスタイムいらねぇwww




チャァァァンスゥ タァァァッァアイムッ!!




じゃなくて、、





ケェェェェェェェェンッ!!




が聞きたいですw



というわけで、設定が入らないし、入ったとしてもデータ表示機器からはわかりにくいため、今後はもう打つことはないと思いますが、それでも今回のように低設定でも一撃に期待できるので、低設定の将を打つくらいなら闘を打ちたいと思いますw(でも低設定の闘打つくらいなら、低設定の2027打ちますがw)

ちなみにもう一方の将の感想ですが、僕の隣で打っていたおばちゃんが的を得たことを言っていたので、それを引用したいと思います。


”にいちゃん、これすぐにかかる(当たる)けど、増えないねー”






おっしゃるとおりですww


ではではノシ



P.S
昨日、夜から久しぶりにサンダーの設定6を打ったら、開始10Gでコレ!!



これが俗にいう、”ズレ目”というやつでしょうか?


た、たまらんっ(*´Д`*)



ポチお願いします⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

スロブロランキング
人気スロッターランキング
スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。